忍者ブログ
22日。最高気温8度。最低気温-6度。今日アトリエに行く。
アンケート
最新コメント
[11/22 wanko]
[11/22 sumari]
[11/22 sumari ]
[11/21 みどり(京都の町外れの民家で生まれ)]
[11/21 sumari ]
[11/21 みどり出生在京都城外的一个百姓家中]
[11/21 みどり(何ものにも縛られない生き方を見出そうとした)]
[11/21 sumari]
[11/21 wanko]
[11/20 みどり致力于活出一种不被任何事物束缚的人生]
[11/20 caomeidangao]
[11/20 淳子]
[11/20 みどり一休质疑一个一个常识(一休は世の常識を片っ端から疑い)]
[11/18 双龙妈妈]
[11/18 みどり人的价值观也是在迅速改变(人々の価値観が大きく変わりゆく時代)]
総アクセス数
みどりの自己紹介
HN:
みどり
性別:
女性
職業:
書道展を主催等
趣味:
書道
自己紹介:
業務連絡
19日9時10時
21日10時
24日14時
26日9時10時
28日10時
<ペン字>
亮馬橋 言几又 22日10時
建外SOHO shala 土曜午後(不定期)
<琉璃廠>
20日
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
20 23 24 25
26 27 28 29 30
アクセス解析
バーコード
[ 2451 ] [ 2450 ] [ 2449 ] [ 2448 ] [ 2447 ] [ 2446 ] [ 2445 ] [ 2444 ] [ 2443 ] [ 2442 ] [ 2441 ]
法海寺は翠微山の麓にある。伝説では明代の李童(宦官)が夢の中で翠微山の麓に仏門の聖地があると仙人に言われ、1443年にここに建立した。法海寺が非常に貴重であるのは、明代正統年間(つまり500年以上前)の寺が一部、そして壁画はほぼ完全に鮮明に残っているということだ。戸部の画士官15人が描いたもので、その全員の名前もきちんと残されている。

壁画のある大雄宝殿に入ると、仏像が三体あるが、文革で十八羅漢造像とともに壊されているため、現在の仏像は新しい。台座は明代のもの。

殿内は撮影禁止。すぐ後ろの薬師殿にある壁画の複製品は撮っていい。

壁画は計240平米。77人を描いている。


水月观音

絵を学ぶ人が模写をよくする代表作。


白いベールをまとっている。白いところ、見て欲しい。その柄が非常に細かく、一つの柄から48本の線が出ている。





菩薩のほかに、動物、植物も見事。猛獣なのに怖くないのは表情がかわいいからだと言っていた。






よーく見て欲しい。目が鳥の顔になっている。

「この男子はイケメンだ」、「壁画に穴があいているのは、洗濯物を干すときに開けた穴。以前は第九中学の宿舎だった」等等、ガイドがついて、説明してくれた時間は30分以上。

古いものが見られるというだけで、それほど期待はしていなかったが、心から思う。「行ってよかった」。马未都(収蔵家、骨董鑑賞家、CCTV《百家講談》講師)が必ず見るべき国宝だと述べている。この国宝は超お勧め穴場スポットだ。

時間のあるときに、解説してもらった内容を補足していきたい。

拍手[4回]

PR
Comment
Name
Title
Font Color
Mail
URL
Comment
Password

Copyright © みどりの果敢な北京生活(忍者版) All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog 
忍者ブログ [PR]