忍者ブログ
23日。最高気温38度。最低気温26度。空気質量指数155。
| Admin | Write | Res |
最新コメント
[06/23 みどり考虑一下将来吧(将来のことを考えろ)]
[06/22 マリズ]
[06/22 caomeidangao]
[06/21 みどり莎士比亚(シェークスピア)]
[06/20 淳子]
[06/20 sumari]
[06/19 みどり(まだ最悪の状態ではない)]
[06/19 みどり肯定还不是最坏的状态]
[06/17 wanko]
[06/16 みどり(「今が最悪の状態」と言える間は)]
[06/13 みどり会说“现在是最坏的状态”时]
[06/13 sumari ]
[06/12 みどり英国政治家(イギリスの政治家)]
[06/12 sumari ]
[06/12 功夫man]
アンケート
総アクセス数
みどりの自己紹介
HN:
みどり
性別:
女性
職業:
書道展を主催等
趣味:
書道
自己紹介:
業務連絡

23日10時半
24日10時
26日10時
28日10時
29日14時

<ペン字/篆刻>
亮馬橋 言几又 25日10時,13時
ブログ内検索
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
16
17
24 25 26 27 28 29 30
アクセス解析
バーコード
昨日書いたところと近いので、ついでに行くといい建国門社区博物館。


初めて行ったとき、この表示に気づかず入ったら、火曜日の11時25分だった。中のヒトが時計を見て、「午後来て」と言った。お昼休みがある博物館も珍しい。交代で仕事しなさいよ。しかも、個人は火曜日と木曜日しか受け付けないので、注意。


こうやって地下一階に進む。


無料。身分証も見ず、名前とどこの地区に住んでいるかだけ書く。

克林德事件。
1900年、20万人の義和団が北京に入城し、6月にはドイツ公使クレメンス・フォン・ケッテラーが義和団に殺害された。


董希文は油絵の大家。开国大典を書いたヒト。




汇文といえば、ダンナが入院した崇文门のところにかつてはあった、アメリカ人が建てた学校。この博物館は建国門という名前だが、取り扱う範囲は広い。


于謙祠については北京観光ウェブサイトへ。杭州に于謙の故居がある。


东总布胡同57张澜が住んでいたと書いてある。といっても、张澜という人を知らないが。东总布胡同はまた行く必要あるな。ここにいろいろ書いてある。

二度手間だ。誰かまとめてくれないかなあ。〇〇胡同に行ったら、これを見るべしって。あ、私がやればいいのか。いや、アタシこれ仕事じゃないし。



昨日外の壁だけ写真アップしたけど、科挙の試験場だった贡院

模型。


私は「科挙」と聞くと、地獄の試験だと思うけど、科挙、宦官、纏足。この国は恐ろしいもの盛りだくさんだ。ここらへん読んで→科挙~中国王朝時代の超エリート官僚【試験は無間地獄】



参観者が私一人だからか、やや暗い。


古い。

古い。

古い。

可愛い。


重い。

重い。

怖い。


あ、これ↑よりもっと怖い空間があった。


毎年なのかな。ここらへんの皆さんでセーター等を編んで、チベットに寄付している。素晴らしい行為だが、なんかね、怖い空間だった。

地震を体験できるコーナー、北京で初めて見た。北京は地震がほぼないけど、もっと市民に体験させて、認識させたほうがいいと思う。


国家博物館や故宮に頻繁に行っていると、展示物見て、「ふーん」なんだけど、こういう地域の博物館も行ってみると良い。

拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Font-Color
Mail
URL
Comment
Pass
書きたいことたくさんあるのに時間なし
seesaaブログ更新したよ.
みどり尝试去做之后的后悔(やってしまった後悔は) 2016/05/22(Sun)14:15:38 編集
金剛の字が気になる。。。
迫力はあるのですが、なんか、その、あまり上手いと思えない字で。。。

先生、代わりに御臨書下さい。
(「臨書」に「御」ってつけてもいいのか?!)
ペン字修行中 2016/05/27(Fri)16:18:14 編集
社区博物館の感想が
「金剛」コメントよりも、社区博物館コメントがメインに来ないといけませんよね。

京都のタクシー運転手さんが「京都には大小含め三千以上の神社仏閣があって、毎日一カ所ずつ廻っても、8年以上はかかります。」と話して下さいましたが、北京はそれ以上の史跡があるのでしょう。壊された建物も多いですが。。。

故宮や国家に首都が良いのはもちろんですが、こうした地域の歴史がわかる博物館も味わいがあって良いですね。
ペン字修行中 2016/05/27(Fri)16:56:56 編集
このところ空気が良い
あれはあれでもういいかなと思います。正しく学習した書道的に美しい字と、看板、ロゴ用に筆で書く字とは違うと思います。ただ、そういう字であっても、基礎は学んだ人が書かないと。ちなみに「臨書」とは(通常古典を)真似して書く方法を指すので、ただ「Tシャツに筆で字を書く」なら、臨書とは言わないんです。あと、先生に臨書をしてもらうとして、御はつけないかな。

あと、その運転手さんにツッコませてもらうと、京都で「毎日一カ所ずつ廻って」はないでしょ。隣にお寺が並んでたりするし、1日にたくさん行けるわと思う。あ、すみません。私の観点で。私、北京でよかったと思います。見るところ、尽きない。
みどり确保未来能幸福的最好方式 2016/05/27(Fri)17:56:39 編集
phot by Art-Flash * icon by ひまわりの小部屋
designed by Himawari-you忍者ブログ [PR]