忍者ブログ
2017年カウントダウン、受け入れらない。目標が何一つ達成できていない。

帽儿胡同をゆっくり

帽儿胡同の一番西から東へ。この高い建物はこのあたりにそぐわないと。


45号院曾经是清朝的提督衙门、民国保安部,解放后,改为中央实验话剧院,又在院子里盖起了职工宿舍,上世纪80年代建的一座塔楼,与周围的四合院显得极不协调。当年的提督衙门早已荡然无存。

適当に39号に入って、お昼を食べる。叁十玖號私房菜




面23元、卤肉饭30元。メニューの卤肉饭の写真には油菜があったけど、運ばれてきたのにはなかった。麺にボール。このあたり、家賃が高いとはいえ、値段に見合ったものを出して欲しい。

35号、37号。婉容故居。ラストエンペラー溥儀の妻、婉容が結婚する前に住んでいた家。


現在は民家なので入らないように書いてあるのに、観光客っぽいじいさんがズカズカと入っていった。住民は本当に気の毒だ。



人力車も停まって、解説している。婉容故居(帽儿胡同)中の様子は中国語のニュースで。




となりの33号はホテル。一泊700元から。参観は10元。初めて北京に来たヒトと一緒に入った。



ホテルは満室なので、部屋は見せてもらえない。庭に写真が飾ってあって、老板みたいなヒトが説明してくれる。

何も知らないでただの「昔ながらの平屋」だと思って入ってくる人にそう話すのだろうが、「となりは溥儀の奥さんの家だった」。


「この真ん中のヒトを知っているか?」と。「このすぐ裏に住んでいた。つまり小さいときはこのあたりで育ったんだ」。


「上に上がると隣が見えるよ」と言われ、階段上がって、テラスへ。37号側。


ホテルの瓦。


31号。猫巢という猫カフェ。


28号、荣府老宅四合院酒店。

百度地図で見ると
可园の面積はとても広い。現在の7号から15号までが、かつては一つの建築群で、東を「可园」といい、文煜のプライベートガーデンだった。

文煜……1883年総管内務府大臣、1884年武英殿大学士を歴任。



原来是两个宅第连成的一组建筑群,东、西两个宅子各有一个花园。东园就是可园。可园是清光绪年间武英殿大学士文煜的私家花园,是个仿苏州拙政园、狮子林的大四合院。落成于咸丰十一年(1861年)。南北长约97米,东西宽约26米,面积约4亩左右。
うちのアトリエが3畝だから、負けてるな(出た!負けず嫌い)
50年代,曾经做过朝鲜驻中国使馆。

13号院的门洞已经改为住家,在旁边开了个门,从外面看不出院子里到底有多气派,民国时期,北洋政府的总统冯国璋被迫下野后,曾在这里闲赋,一年后就在这所院子里病故。院子至今还保留着民国时期的建筑。
馮国璋故居。馮国璋は袁世凱の部下で、後に北洋政府の総統に就任する。……1918年馮国璋政権は瓦解し、翌年に死去。

14号。表は閉まっていたが、BARみたいだった。


10号。铃木食堂。


6号。达贝子府。


樸道草堂書店。カフェのある本屋だと思ったら、本のみだった。


最近私は頻繁に本屋に行ってるでしょう?手にはとるし、開いて、ちょっと見て、本当に買いそうになる。でも、本当に何を買っていいかわからないし、「うちにある本から読む」と念じて、買わない。店にいたのはバイトのようだが、店長の詩集が売っていた。私はカードだけ買った。私の友達が駐在で中国に来るらしいので、会った時にあげようと思う。

老板の直筆。「京」の部分、赤入れたい!私もカード作ろうかな。


そのほか。

1号文昌庙(现仅存一块刘墉题写的御制碑),现为居民院。
2号,那里曾经是中共晋察冀中央局城工部秘密电台隐蔽地。解放战争时期,中共晋察冀中央局城工部在刘仁领导下,向北平城内派遣人员,设立秘密电台,其中一部就设在帽儿胡同2号。

21号 梓潼庙文昌宫遗址。
梓潼庙文昌宫位于帽儿胡同21号。文昌帝君是文昌星与梓潼帝君合而为一的文教之神。文昌宫是供奉文昌帝的地方,文昌帝即文曲星,是神话传说中掌管文运的神仙。辛亥革命后,文昌庙停止祭祀活动。庙址前半部现为帽儿胡同小学。《明御制护国文昌帝君庙旧碑》仍立院内,为东城区文物保护单位。

<kotobank>
 文昌帝君は中国では文章をつかさどる神とされ,俗に奎星と称される。学問の神である文昌帝君と兼祀されることも多く,とくに科挙の受験生に信奉された。神像は,〈魁〉の字が鬼と斗とからなっていることから,鬼が左足で北斗を後に蹴りあげている姿をとっている。

ここから南锣鼓巷へ。(続く)

拍手[1回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

行けばよかった。。。

年末年始に泊まったホテルから、散歩がてらにここら辺り
行ったよかったなぁ~と後悔してます。
北から南に歩いて、烟袋斜街あたりまでしか行きませんでした。
  • from sumari :
  • 2017/04/21 (09:06) :
  • Edit :
  • 返信

今日はやっと家でゆっくりできる日

南锣鼓巷,烟袋斜街がわかりやすいからね。南锣鼓巷は外国人の私達にとってお土産が売っているところ。行くと、発見がある。このあたりは横に入ると故居が複数あるので、入るとよい(過去に記事にしている)。
  • from みどり反转(リバース) :
  • 2017/04/22 (08:22) :
  • Edit :
  • 返信

アンケート

最新コメント

[12/18 みどり健康息息相关啊(健康に繋がる)]
[12/18 みどり偶像的存在真是(推しの存在は)]
[12/18 マリズ]
[12/18 sumari]
[12/17 みどり已经接近康复了(もう治りかけているから)]
[12/15 マリズ]
[12/11 みどり的卓绝意志(という強い意志を持って)]
[12/11 マリズ]
[12/10 みどり(松潤に会うために絶対に直す)]
[12/10 みどり带着为了见到松润我一点要好起来!]
[12/10 sumari ]
[12/10 マリズ]
[12/09 みどり(嵐のライプのチケが取れた瞬間)]
[12/09 みどり结果拿到岚的演唱会门票的瞬间]
[12/09 ハーツ]

総アクセス数

みどりの自己紹介

HN:
みどり
性別:
女性
職業:
書道展を主催等
趣味:
書道
自己紹介:
業務連絡
15日10時
16日10時
17日9時10時
19日10時
20日10時

<ペン字>
亮馬橋 言几又 12月○日10時(未定)
建外SOHO shala 12月16日15時半

ブログ内検索

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
9
19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

アクセス解析

バーコード

Copyright ©  -- みどりの果敢な北京生活(忍者版) --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by Claudia35, hofschlaeger / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]