忍者ブログ
中日夾纈連合展in北京芸術博物館+西太后ルートの船100元
  地下鉄10号線「车道沟」駅C口で降りて、右()へ300mくらい進むと「车道沟桥东」というバス停がある。そこから运通109か、482か、10に乗って、3つ目の「万寿寺」下車。後ろに戻ると、川があり、その川沿いに「北京艺术博物馆万寿寺がある。
    私が前回来たのは20年くらい前。ダンナが私と知り合う前に個展をやったこともある、このお寺(博物館)は後に何回も改修工事をしていて、なかなか入れなかった。


    この真ん中が切符売り場で、左奥から入る。入場料10元。高校生までタダで、本当は学生証を見せるのだが、娘は忘れた。学校名を聞かれて、答えたら、無料にしてくれた。有難い。






    今回は日本と中国の夾纈の展覧会があるというので、わざわざ行ってきた。夾纈(きょうきち)とは飛鳥・奈良時代に盛行した染色技法。模様を切り通した2枚の薄板の間に,幾重かに折った長い布をはさんで固く締め,染料をつぎ掛けて染めたものと考えられる。染め上がりは布の折り目を中心に左右対称となるのが特色(byコトバンク) 。
 
    
  中は撮影禁止なので、展示内容は博物館のサイトから→中日夹缬联合展——中国蓝夹缬•日本蓝板缔、红板缔島根県立古代出雲歴史博物館 
   染められた布と版木。あと浮世絵が3点。これは貴重。5月25日まで。





    見終わって、外に出ると、川に船が。乗ってみようかと船着場まで行くと、8000なんていう天文学的数字が!

 


     慈禧水道」というのは乾隆帝から6代の歴代皇帝と西太后が頤和園へ行く際に利用した水路。詳しくは百度百科へ。"慈禧水道"具有悠久的历史和丰富的文化内涵,始于乾隆,盛于光绪。从乾隆十六年至光绪三十四年慈禧去世,这200多年间,共有乾隆、嘉庆、道光、咸丰、同治、光绪6位皇帝及慈禧太后走过这条水路。


 
    北京行9——慈禧水道去年の11月にこれに乗っている中国人のブログがあって、見たら乗りたくなるなあ。この人はこの場所で「ここは団体だけ。個人は紫竹院公园から乗って」と言われ、紫竹院公园から乗っている。「40元,双程70」。ここからは同じ帽子をかぶった団体がどんどん船に乗り込むのだが、アンタ達、ぼられすぎだよ!

  
位置的には北京艺术博物の東に古めかしい佇まいが。建于清乾隆三十一年属私庙。詳しくはここへ→「佛教導航



  
  
90年代初期に留学していた私が特記すべきは、シャグリラ ホテルのあたりがにぎやかになっていたことだ。




  
真ん中の白いのが香格里拉。ビルに囲まれているのか、21世紀は。留学時代、洋食を食べると言ったらホテルしかなかったし、海淀区の学校に住む身に朝陽区は遠く、ちゃんとした洋食のあるホテルがあまりなかったので、近くもなかったが、香格里拉2回行った(多くないでしょ。ぜいたくしなかったし)。そのうち1回は洋食食べてたら、が食事に来てたのよね。1992年、香港マカオスイスホテルではサモ・ハン・キンポーがいた。今は北京でスターに会うことはないなー。ホテル行かないし。


 話はズレたが、動物園から初めて地下鉄に乗り、海淀区も近くなって便利になったことを噛み締めた海淀一日遊だった。

拍手[5回]

PR
【2015/05/10 13:27 】 | 博物館、観光地、散策 | 有り難いご意見(6)
<<ダイエット宣言(「またか」とか言わないように)in北京 | ホーム | 珠市口から珠市口まで(前門:北京小吃,北京一狭い胡同)in北京>>
有り難いご意見
香格里拉饭店
思わず、ピクッと反応しそうになりましたが、話をそらすことになるので、ここはグッと我慢して…

懐かしいッスね。
【2015/05/11 08:07】| | 功夫man #582fcd6451 [ 編集 ]


気になるじゃないですか!
私の家は海淀区じゃないし、あっちのほうはなかなか行かないですね。国家図書館とかゆっくり過ごしたいけど。で、続き、呪うように待っております。
【2015/05/11 08:38】| | みどり春菜爱(はるな愛) #55ffc2c38c [ 編集 ]


レスリー
みどりさん、羨ましい!レスリーに会ったなんて。
大好きで東京のコンサートに行きました。
サモハンキンポーやユンピョウって名前が出てくると世代が一緒と思っちゃいますね。
【2015/05/13 16:14】| | caomeidangao #2ac05967bf [ 編集 ]


最近『Mr.Boo!』を子どもに見せました
あ、そうだ。レスリー・チャンっていうんだ。ここにいると、カタカナの名前はすぐ出てきません。あ、え、いや、私は18歳ですから。心が。同じ年かどうか???そろそろ28歳にしようかと画策中。
【2015/05/13 20:04】| | みどり真锅薰/真锅香织(眞鍋かをり) #55ffc322cc [ 編集 ]


ぷっ、若ぶってボロ
北京香格里拉飯店ですが、青いハーフミラーのビルは2007年にオープンした新館で、革命処女みどりタンとは縁もゆかりもまりもミエもないシロモノでっせ。背が高い正面のビルが、87年竣工のシャングリ・ラですな。あとね、香格里拉は「シャングリ・ラ」って中黒が必須。中国共産党第十一次全国代表大会(十一大)で華国鋒総理(ミド婚約時代のアイドル)が党綱領に追記させたしね
【2015/06/07 01:21】| | benz770k #7dd9ff46eb [ 編集 ]


総理にアイドルなんて軽々しいったら
今いらっしゃる土地に耐えられず自殺でもなさったのではと思えば、そうではなくて、よかった、よかった。私は語学留学時代でも(海淀区にいたけど)なかなかこのあたりへは行かなかったので、道のあっち側(西北)としか覚えていない。そうか、二つ建物があるのか。教えてくれて有難う。後で訂正しておきます。★中黒は言われてみれば、要るな。キンタロー。の。とか、ダイアモンド✡ユカイ、つのだ☆ひろの星は忘れないのに。
【2015/06/10 13:55】| | みどり东京汉子(tokyu hands)←違うやろ! #55ffc322f9 [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]