忍者ブログ

みどりの果敢な北京生活(忍者版)

夏休みの準備中

北京からなくなるもの、増えるもの
1. 挺住!北京要全面开挂了!
北京环球主题公园(占地120公顷,总投资超200亿元。北京环球主题公园是世界第五个、国内首个环球主题公园,预计将在2019年建成。)/延庆世园会(2018年完成建设)/休闲公园(2016年将建设10处城市休闲公园)/怀柔科学城/彩虹之门/通州新城运河ONE/北京塔/北京大兴国际机场(预计2019年启用)

あと2年で北京はこれだけ増える、変わるという内容。ユニバーサルスタジオができるんだよな。


2.别找了,北京没了!

北京にはもうないよというもの。城壁はいいとして、途上の床屋とか、包丁研ぐ人はまだいるな。

拍手[1回]

PR

コメント

1. みどりさんも知ってますよね?

私が留学していた90年代は地下鉄が一律料金(2元)で、入り口に切符を破るおばちゃんがいました。

バスの切符も人の手からしか買えなくて、
混んでるバスの中をかき分けて買ったのを覚えてます。
切符売りの人が大きながま口を持ってましたね。

2. がま口は今もあるよ

地下鉄の入り口の切符を破るのはおばちゃんだった?おじちゃんじゃなくて?まったく覚えていない。日本の国鉄は(おいおい、年バレるで)、切符切る切り口が駅によって違って、代ゼミに通っていた私はキセルがバレて……。あ、そんな話しじゃなかったか。

これから記事にします。
コメントを書く