忍者ブログ
明日の舞台が終わるまで忙しい。
[1952]  [1951]  [1950]  [1949]  [1948]  [1947]  [1946]  [1945]  [1944]  [1943]  [1942
 

昨日知った。「国子监聖人鄰裡错匾一事」。


国子监は元明清代の最高学府で、1306年に孔廟(孔子 を祀った廟)とともに造られた。そういう「学」のにほひがプンプンするところの扁額の漢字が間違っていると、書道に精通した楊さんが発見。その間違った写真はここへ→国子大街现错


聖人鄰裡」の「」は本当は「」と書くべき。大学の偉い先生の弁。该门匾的“裡”确,繁体字“里”和“裡”意完全不同:繁体字的“里”,是指人群聚居的地方,也指称城市中的街坊、巷弄;“裡” “裏”的异体字,本是指衣服的内。但二者都作“里”,代人在使用没有弄清楚各字的源流和化,造成混淆里と裡は意味違うアルよ。繁体字の里は人が集まって住んでるところを指すけど、裡は裏の異体字で、服の内側っていう意味アルよ(神楽風に←なんで?)。



そして、私がフォローしている中国人が微博まとめていたのをここにコピー。出典:胡游京城






 


たとえば、地名「沈阳」を繁体字にすると「瀋陽」となるが、苗字が「」の人は繁体字でも「」。簡体字の「」は字が複数あって、「干渉」の場合はそのまま「」で、乾燥だと日本と同じ字になって、木の幹という場合は「樹幹」と書く。これくらいなら知っていたけど、この上の表見ると、しっかり覚えていないものがたくさんある。


」の繁体字は「」だけど、じゃあ台湾で「臺灣」と表記しているかというと、街の看板等は「台灣」が多いらしい。繁体字/簡体字という分け方は大陸の言い分だから、あちらでは正体字という言い方になるけど、「臺灣」でなく、「台灣」を異体字として認めている。この記事等を参考に→「台灣」的「台」为什么不是「臺」字? 


"臺灣"是在臺灣官方的正式書寫規定用法,"台灣"是臺灣人常用的非正式寫法。但要注意的是,很多人常常混淆,"台灣"這通行已久的民間寫法,其中的""並非簡體字,而是俗體字,官方稱異體字


臺灣」は画数が多すぎる。びやんびやんみえんか、お前は!丁寧に書いた日にゃー、日が暮れるわ。


 


冒頭の、ニュースになった看板のように不必要なのに難しい方の漢字に変換していたかもしれないので、一つ一つ見て、理解したいと思う。私、こういうネタ、大好きだな(読者か、おまえ)。




拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

管理人のみ閲覧可能にする      
好きです、ワタシも
こういう話題。
永久保存ファイルに入れています。

びぁんびぁんめん!笑いました。
ペン字修行中 2016/04/12(Tue)21:23:29 編集
久しぶりに夜中に起きた
私がフォローしているこの人(出典元)、学がある。年配の人だと思っていたら、20代だった。そして昨日知ったのは、小学校に講義にしに行って、北京の伝統文化について話している。何者なんだろう?
みどり这样的话是将来会放弃了你(将来がお前を捨てているんだ) 2016/04/13(Wed)04:39:14 編集
アンケート
最新コメント
[10/21 功夫man]
[10/20 みどり(自分にも他人にも言い訳を許さなかったからだ) ]
[10/20 みどり我从不找借口,也绝不接受借口]
[10/20 sumari]
[10/20 sumari]
[10/20 みどり(私が成功した理由は)]
[10/20 マリズ]
[10/19 みどり我的成功归于:]
[10/19 みどり(価値のある者になるために努力せよ)]
[10/19 双龙妈妈]
[10/19 sumari ]
[10/19 sumari ]
[10/19 みどり要努力成为一个有价值的人]
[10/19 みどり(成功者になるためではなく)]
[10/19 功夫man]
総アクセス数
みどりの自己紹介
HN:
みどり
性別:
女性
職業:
書道展を主催等
趣味:
書道
自己紹介:
業務連絡
17日10時
19日10時
20日14時
21日 対外友好協会
22日9時10時
24日10時

<ペン字>不定期
亮馬橋 言几又 23日10時
建外SOHO shala 土曜午後(不定期)
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
3
15
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アクセス解析
バーコード
 
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: みどりの果敢な北京生活(忍者版) All Rights Reserved