忍者ブログ
今年の私の漢字は「困」

清水寺の和尚の字、また出たな。なぜ「安」なのか、日本在住の人、教えて欲しい。私の今年の漢字。



  
中国語だと「眠い」。今年はよく寝た。21時から22時には就寝なさるみどり様。目覚まし時計は毎日545分に鳴るが、その前に起きることたびたび。それにしても寝すぎよね。おかげで昼寝しなくなったわ(←当たり前だ!)。


晩ご飯を作っているときに、食後の果物たとえばリンゴの皮を剥いておく。なぜなら、食後はまったく力が出ない。顔を濡らされたアンパンマンの如く。ご飯終わったらね、リンゴの皮を剥く力さえない。ソファーでぐったりしている私を見て、娘が「ママは寝ていいよ」と言う。横になったら3秒で眠りに就くのび太並みの私だが、今年下半期は横になって、本を読むようになった。それでも22時には記憶がない。


時間がもったいない。睡眠時間はあと1時間減らしても大丈夫。その1時間筆を持てば、上達するのに。そして5日前から字を書き始めた。気がついたら2時間くらい書いている。え?眠くならない?リンゴの皮も剥けるようになった。顔を取り替えてもらった元気100倍のアンパンマンに変身だ。


「困」は今年の反省。来年はこんなに寝ないよという気持ちを込めて、今年の漢字としたい。皆の衆もどんどん「今年の私の漢字」をコメントするがよい。筆でガンガン書いて差し上げる。 

拍手[2回]

PR
【2015/12/17 16:46 】 | ブログ、私 | 有り難いご意見(6)
<<日本にいたときは作らなかった中華料理 | ホーム | 「坑人」疑惑のレストランin北京>>
有り難いご意見
一文字じゃないとダメ?

リタイヤして子育て以外なにもしてない。これは反省してるところ。来年はなにか…それが思いつきませんが。

オーシャンビューが気に入って買った家。毎日風景が違うので飽きません。

よろしく!
【2015/12/18 08:01】| URL | 陸太太 #449ff3328e [ 編集 ]


また紅色警報が出た(来週)
陸太太、ご主人がリタイヤすると、奥さんは以前より忙しくなる(ゆっくりできない)と思うけど、ずっと働いていた人が仕事なくなると、ボケるの速いと思う。お宅は何かやろうと思えば、社会にとっても有益な人材なんだから(顧問とか?)、家にいたらもったいないよね。うちの両親は80過ぎて現役で仕事してるけど、ボケるヒマないもん。頭は使ったほうがいい。
【2015/12/18 12:18】| | みどり是爱的革新(恋の更新である) #55ffc3c730 [ 編集 ]


この春の異動で、希望していた元いた部署に戻れ、単身赴任から自宅に戻り、家族の下に戻れたから、「戻」かな。
もっと気の利いた漢字が浮かべばいいけど、やっぱり、これかな。
【2015/12/19 15:58】| | 功夫man #9b11124a7a [ 編集 ]


筆で書くから、待ってて!
家族と一緒だったら、おとうさんは嬉しいですよね。おかあさんは知らないけど。だって、駐在員の奥さん達「ダンナが出張でうれしい」「残業がない!(怒)」とか言ってますけど。★微博のほうにもコメント有難うございました。今年は「困った人」がいて、本当に困った。
【2015/12/20 10:00】| | みどり被爱不一定是幸福(爱されることは幸福ではない) #55ff3d5f64 [ 編集 ]


今年の字
このところネットのつながり状況がとても悪く、思ったようにメールも開けないし、いろいろなページも見ることができなくて不満たまります。やっと今、今年の字かけます。私は「痛」年齢のせいか痛みが身体のいろいろなところに時々でて困ります。負でないいい字が無いかと思うけどこれが一番感じた字かな。人生全体では「楽」友人との交流などとても良い楽しい一年でした。
【2015/12/23 00:12】| | jojo #575602a348 [ 編集 ]


ネット環境悪い
jojoさん宅のように外国人が多く住んでいるところは何かされている?よく「つながりにくい」って聞きますよね。私のうち、この「ド」ローカル団地である、この私のうちでもこのところ、開けないことが多々あります。パソコンは大丈夫なんだけど、iPhoneがダメ。★私も四十肩になったって言いましたよね?薬飲んで効かず、電気治療も行きました。先生は「还会复发」って言うし、あるお姉さまが「ドアが開けられないくらい痛かった、1年針やマッサージに通って、いつの間にか治った」と言っていました。来年は治っていると楽観視しておきます。
【2015/12/23 08:35】| | みどり而男人永远是外行(男性は永遠に素人である) #55feb6fa89 [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]