忍者ブログ
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥ 
19日。最高気温35度。最低気温28度。空気質量指数144。
<< 06   2018/07   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     08 >>
[1723]  [1722]  [1721]  [1720]  [1719]  [1718]  [1717]  [1716]  [1715]  [1714]  [1712

国慶節の連休中にニュースになり、それに伴う後続記事と笑い話が後を絶たないエビ事件。青岛でメニューに38元と書いてあるエビを頼んだら、会計のとき「一尾38元なので、1520元だと言われたのでさあ大変。






 これメニュー。確かに「以上海鲜按个计算」と書いてある。


さらに「老板就拿着一根大棍子,威胁我们,并且打电话叫人过来,说我们吃完霸王餐想跑」。店主が棒を持ってきて、仲間を電話で呼んだり、脅した。ニュース見たかったらここへ→「38元一只虾”食客ほかの複数の店でも同じように4ケタ払わされたり、「一個」とメニューに明記していたことが発覚。今みんなどんどんネットで転送されちゃうからねえ。で、結果的には店は閉めさせられて、9万元の罰金が科せられた。

この後すぐにまた日照(これも山東省)で別の事件があって、注文するのが少ないと店に言いがかりをつけられて、暴行を受け、その傷だらけの写真がネットに上がった。でも、真相はこうらしい。“大排档太脏了,还不如家里厕所干净。”店主听到后与游客发生争执,一言不合双方动手扭打起来。双方均有不同程度受伤」。頼んだのは確かに少なかったが、客のほうが「この店は汚いなあ。うちのトイレの方がきれいだ」と言い、店と喧嘩になり、両方手を出したので両方に処分が下された。

この連休中に有名な黄晓明という俳優が披露宴をしたが、彼は青島出身で「青岛是好地方,遍地都是好吃的,也不贵,大家到青岛找我,我请大家吃大虾,免费」と言って、笑いを誘っていた。

そのほか、ご飯は米粒で計算しないよと断り書きする店も。


以下の中国語、わからなかったら、私が訳してやってもよい。

青岛虾事件后……



昨天吃拉面,我问多少钱!老板说7块!我说是一根面还是一碗面?老板说一碗!



我全程录好像,终于吃了一碗拉面!



老板走上来深情地说:青岛还是好人多啊!不能让青岛虾事件影响整个青岛的形象!



我感动得都哭了:是啊是啊!



老板深情地说:那您也把汤钱也给付了吧!



我感动地发现菜单背面写着一行小字:特制养身虾汤另计费,单价2000元/碗。


立马跪地痛哭了:防不胜防啊!防了面防不了汤啊!





拍手[4回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
黄暁明さま・・・
あなたは実家は青島でも、普段は青島にいないでしょ!!
北京にも上海にもお家あるでしょう。

でも、あなたがご馳走してくれるなら、海老も食べましょう。(魚介類一切駄目ですが)

そうそう、人力車って言うの?后海とかにいるやつ。あれも、一人の値段か二人の値段か確認した方が良いって言われたけど、そうなの?
私、自撮り棒持って滑走してたけど、誰も声かけてくれなかったわ。
マリズ 2015/10/11(Sun)23:16:53 編集
海外食事代恐怖ストーリー
この記事読んで思い出しました。

香港にて
広東料理店で、例湯 (本日のスープ)を頼むも、売り切れ。
お店の人がかわりに薦めてくれたスープを二人前頼むことに。
埋単でお会計見て椅子から転げ落ちそうに。
スープ:一万円
他の料理の合計よりも高いじゃないか!オススメスープ!!

高級魚介でダシとったスープだったらしい。
(アワビでもフカヒレでもナシ)
美味しかったけどね。確かに。
でも値段見た途端、美味しさもぶっ飛びました。

絶句して清算しました。
ペン字修行中 2015/10/12(Mon)01:17:00 編集
北載河(こんな字でしたか?)でやられたわ
あそこの海鮮料理店でぼったくられそうになりました。まさにエビで!夫がどなったらすぐ「ソーリーソーリー」ってちょっとまけてくれたけど。ナイストライ。あんな白人おっさんが急に中国語で怒鳴ったですぐ人垣が…それもあったかな。
インドのリキシャでも値段交渉してから乗ったんですけど払うときにやっぱりそれは一人分だとか言い出して。ナイストライです。これも怒鳴ったらそれですみましたけど。
アメリカは違った意味で騙されそうになります(携帯とかケーブルテレビとか診療費とか)。そんなストレスのない日本てすごいなーって思います。
陸太太 URL 2015/10/12(Mon)05:55:46 編集
ダイエット運動を真面目に再開宣言!
マリズさん、でも青島でも披露宴やるんだよね?北京に住んでるとさあ。海鮮思いっきり食べたいなあって思うよ。諦めてるけど。★今回これだけニュースになっちゃって、9万元罰金も有名になっちゃって、宰客が減るという効果は期待できますね。★人力車は乗ったことないんだよね。私、そういうガイジンがやりそうなことしない。ただ問題はこれまでいろいろ起きていて、確か日本大使館のメールマガジンでも注意が流れた。多田さんがかつて「最初に提示した額の100倍の値段をぼったくられそうになったのです。しかも、人気のない、目的地からはだいぶまだ離れた胡同内に連れ込まれた後に」と書いています。http://d.hatena.ne.jp/lecok/20131110/1384079729 故宮の北門なんて絶対ダメだよ。客を待ってるタクシーも私は怖くて乗らないけど。

ペン字修行中さん、今回のエビも栄養のある特別なエビだと言ったらしい。それでも38元って、日本円だと800円くらいするわけですよね。日本だとこれほどひどいぼったくりはないでしょう。

北載河、合ってますよ。観光地は気をつけろ。そして、顔がガイジンだと騙せると思っちゃうんでしょうね。私の友達、エッフェル塔でひったくりに遭いそうになり、というか、カバンを取り合いになって、英語で怒鳴ったら、相手はビックリして退散したって。まさかアジアの顔した女性がこんなに流暢に英語を話すのか(そして、反撃に出るのか)と思ったらしい。
みどり坚持到最后的人(最後までやり遂げた人が) 2015/10/12(Mon)08:24:43 編集
無題
「非按粒計算 請放心食用」に大笑いしてしまいました。中国にもボッタクリの店はあるんですねえ。大昔、3人で池袋の怪しい店で飲んだあと、強そうなお兄さんに囲まれとんでもない額を請求されたことがあります。3人とも肉体派ではないので(頭脳派でもないけれど)、「警察を呼べ」なんてとても言えず、一人がたまたま持っていた現金で支払ってその場を脱しました。次の給料から3分の1ほど出して清算。「あの店面白そうだから入ろうよ」と客引きの回し者のようなことを言った奴を恨んだものです。
名無し 2015/10/13(Tue)13:50:06 編集
どうにかして騙そうとする輩がいるから
中国語がわかる方で、中国に旅行にはいらしたことがある方でしょうか。「中国にもボッタクリの店はあるんですねえ」にビックリしました。レストランで食事して、会計時に義妹なんて絶対に頼んだものの合計をちゃんと自分で計算しますよ。店が日本のレシートみたいなのを見せてくれて、機械が計算したなら信じるけど、手書きの場合、多く請求している可能性がある。あと、外国人には多く請求したり。観光地も怪しい。何年前、上海の路上で日本人旅行客に声をかけて「日本語勉強しているんですが」とか言って、お茶屋へ連れて行き、そのお茶代がありえないくらい高いなんてこともありました。悪気大アリですから、気を抜けません。
みどり并没有富贵贫贱之分(貴賤貧富の別なし) 2015/10/13(Tue)17:56:24 編集
最新コメント
[07/19 マリズ]
[07/19 みどり怎么去问问谁谁都笑着对我说]
[07/19 みどり(私は不思議でたまらない)]
[07/18 みん]
[07/18 功夫man]
[07/18 みどり我呀我呀总是觉得不可思议]
[07/18 みどり石川达三《人与爱与自由》『人間と愛と自由』]
[07/17 sumari]
[07/17 sumari]
[07/17 みどり(幸福は常に努力する生活の中にのみあるのだ)]
[07/17 みどり幸福通常只存在于努力的生活当中]
[07/17 マリズ]
[07/17 みどり水上勉《布纳,快从树上下来》『ブンナよ、木からおりてこい』]
[07/17 マリズ]
[07/17 陸太太]
アンケート
総アクセス数
みどりの自己紹介
HN:
みどり
性別:
女性
職業:
書道展を主催等
趣味:
書道
自己紹介:
業務連絡

14日10時半
15日10時
21日10時半
22日10時

<ペン字>
16日 10時半、13時
ブログ内検索
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アクセス解析
バーコード
Copyright(c) みどりの果敢な北京生活(忍者版) All Rights Reserved.
* material by *MARIA   * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]