忍者ブログ
台湾省って書かないと
この1カ月のニュース。

1. 4家外航将全部改标中国台湾 台当局:最严厉谴责

上海のMUJIで売っている商品に「原産国:台湾」と書いてあって、罰金20万元が科せられたというのは日本語でもニュースになった。微博のコメントは「20万元じゃ安すぎる!」とか「中国から撤退しろ!」とか。いやいや、中国人、MUJI大好きだよね?撤退したら困るんじゃ?

このあと、航空会社のHPに台湾が国扱いになっているからと指導が入ったりした。誰だったか忘れたが、芸能人の経営する洋服ブランドでも同じ問題が起きていて謝罪したりと、ちょうど1カ月くらい前、これ関連のニュースが続いた。

2. 中日友好医院建档初筛号被指遭号贩子垄断
中日友好医院のダフ屋。1000元払った人がいる。

3. 有认识她的吗 

路上で落ちている箱を拾って行く泥棒の動画48秒。失くした主は「中は200万字の原稿で、コピーもとってないし、非常に大事」と。快递が運ぶ段階で不注意にも落としてしまったという。だいたいなんで落とす?本も入っていて、7.5キロの段ボールだよ。そして監視カメラだらけの街でよく拾って行くよなあ。泥棒!コメントが。

为什么不立案
执法部门只帮忙调看一下部分监控,因为不属于治安案件或者刑事案件,无法立案。 
「なんで提訴しないの」という問いに、「治安案件、刑事案件ではないのでダメ」と。

窃盗は犯罪だよね?「これが外国人ならちゃんとしてくれるのに」とか「日本人が武漢で自転車失くしたときは見つかった」とかいうコメントもあった。

これ笑った。「东二环三环内,监控头比垃圾桶都多。」ホントそう。ゴミ箱より多い監視カメラ。

4. 妹子你这是砸饭碗啊  「体が不自由だから物乞いしてます」という人を暴く動画13秒。是非見て欲しい。

5. 2017届中国大学毕业生平均月收入4317元

6. 女童在迪士尼撞灯柱缝两针 园方:无责,可赔偿玩具

ここに写真があるが、上海ディズニーランド内の八角形の電灯にぶつかって、二針縫った女児の親がディズニーランドに責任を求めたが、ぬいぐるみをもらって終わり。不服。

微博のコメント欄は
・小孩还爱吞硬币呢,你咋不去告央行????
・任何东西对小孩子都有危险
・我昨天在路上不小心碰到停在路边的宝马上了 请宝马车主赔偿我一辆宝马车。
・这个设计对小孩子确实不友好啊←那么你来设计个永远不会撞伤人的柱子

「子どもがコインを誤って呑み込んだら、中央銀行を提訴するのか」に始まり、ほぼ否定的。

7. 视频来了!北京丰台惊现近十万辆共享单车存放点

便利すぎる、どこでも乗れる自転車。乗れないのが丰台にこのように集められている。よくこんな場所あったな。

今テレビでやっているけど、共享单车じゃなくて、共享轮椅だって。車椅子までシェアか。

今朝のニュース。共享单车乱象不只国内有 美国人能解决这些难题吗 シアトルでもシェア自転車は問題だと。

8. 河北省人大常委会原副主任杨崇勇受贿案一审开庭 被指控收受财物2.06亿余元

収賄2億元で捕まる副主任。2億円じゃなくて、2億元って、いくらですか?カフェに行って一番安いものを頼む私の気持ちはわからないだろう。捕まる危険を考慮しないのが私はわからないが。


9.朝鲜电视台播42分钟特金会纪录片
これyoutubeに載ってるでしょうね。朝鮮の放送。42分と長いので、5分しか見てない。もう5分で够了って感じ。


10.无人快递车をさっきテレビで紹介していた。


家電の苏宁が無人の配送を行なっている。家電だけじゃなくて、日用品、食品など、スーパーマーケットだ。場所は黄渠。イオンより東だな。今は一階までしか届けらないけど、将来的には上にも上がるって。バンに乗って、子どもを誘拐する人が、これこのままバンで持っていっちゃうこともあるよね。車にGPS、街には監視カメラ、だから大丈夫?

これを紹介しているニュースはここ→可乘电梯叫门 无人快递车亮相苏宁418
人件費安いんだから、人でよくね?

11. 重磅新政!外地车“进京证”每年限办12次

北京ナンバーじゃない車は「进京证」をとって、北京市内で走れるようになっているのだが、11月から「1年に12回、1回7日間」と制限される。範囲は六環路内と通州区。さすが北京市政府が移るだけあって、通州区は郊外だけど、都心なみの扱い。そして、北京ナンバーは今、二カ月に一回の抽選で、倍率が非常に高く、新規にはほぼとれないに等しい。それで、北京人なのに河北省等よそのナンバーを取った人も少なくない。そういう人、困るよね。

拍手[3回]

PR
【2018/06/19 09:36 】 | ニュース | 有り難いご意見(0)
<<現在開催中の展覧会2018年6月 | ホーム | 端午節安康!現在アタシ充電中>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]