忍者ブログ
多忙につき。
2017.09│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
 先週末アトリエには行ったけど、三十三間堂へは行かなかった。だってドアも窓もついたところはもう見たし、今は庭にレンガを敷き詰めているだけだと。もうほぼ終わりでしょう。ところがよ。

 ダンナが「話があるから、来い」。え?私すでにアナタから2mの位置にいますから、そこでしゃべってください。十分聞こえます。「ここに来い」。そして古典家具の机に向かい合わせに座る。「家を建てる。庭を見たか。木材を買った」。

 土曜日は夜到着したので、庭に木があるなんて気がつかなかった。「見て来い」。「いやだ。明日の朝見る」。そして翌日見たら……。

1aa3846e.JPG 無言(=絶句)。

 


拍手[11回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
えぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ・・・・
絶句…。

奇想天外な“リアル生活アート”でおなじみの画伯ですが、さすがにこういう新芸術を生み出すとは想定外でびっくり! 新築工事が終わらないうちに新たな新築を始め……というネヴァーエンディング建築地獄。絶え間ない現代中国のイケイケ開発に対する皮肉を籠めた、高度にして大掛かりなアートですよね。ミド氏自身も、「怒り狂う妻=不動産バブルに乗れなかったり背伸びして房奴になった人民の憤怒を代弁」という立派なサブアートになっている!

新建築の工事現場がどこなのか気になります。
現邸宅の庭部分か、新邸に今からもう増築するのか、はたまた別の土地なのか。
benz770k 2011/10/18(Tue)02:51:50 編集
ははぁ、そういうことか。
なるほど、これが中国語の「没完没了」ということなのか。なるほどね。
勉強になった。勉強になった。
ためになるなぁ。
功夫man 2011/10/18(Tue)07:50:43 編集
無題
「家」が作品なんでしょうねぇ...
しかし、どこに建つのか気になるーーー
ヨシダ 2011/10/18(Tue)15:11:35 編集
そういえば・・
夏に画伯にお会いした時に、いつ新アトリエは完成するのですか?と伺った所「あれは私の作品なのでゆっくりと納得いくまで作る、だからいつとは断定できない」とおっしゃっておりました。
では、今度の作品はどちらに展示なさるのか気になる所ですわ。
あの材木の太さと量では、お庭に作るというのでは無さそう・・・。
マリズ 2011/10/18(Tue)18:32:41 編集
話。
話があるって、
相談ではなくて、
報告なのね。笑
lilla720 2011/10/19(Wed)08:52:24 編集
詳しくはここで書かないけど
この丸太を買ったことで、しばらく家賃収入が入らなくなった。それだけ書いておく。会った人に話します。もう複雑で、あの人たちのやること。
みどり3位追風筝的孩子 2011/10/24(Mon)17:18:49 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
←No.245No.244No.243No.242No.241No.240No.239No.238No.237No.236No.235
アンケート
最新コメント
[09/20 マリズ]
[09/20 sumari]
[09/19 みどり(抱負が大きければ成功も大きい)]
[09/19 功夫man]
[09/19 みどり心有多大,舞台就有多大]
[09/19 みどり不要去想,去感觉(考えるな。感じろ)]
[09/19 マリズ]
[09/18 功夫man]
[09/18 sumari ]
[09/18 マリズ]
[09/17 みどり一休的行动大大超出了僧侣的限度]
[09/16 功夫man]
[09/13 みどり呼吁用刀作为杀生的道具(殺生の道具をアピール)]
[09/13 みどり色欲满满 常去风月场所(売春宿通い)]
[09/13 caomeidangao]
総アクセス数
みどりの自己紹介
HN:
みどり
性別:
女性
職業:
書道展を主催等
趣味:
書道
自己紹介:
業務連絡
16日14時
17日9時10時
19日10時
20日13時半
24日9時10時
26日10時
27日10時
29日14時
<ペン字>
建外SOHO shala 土曜
亮馬橋BAKE&SPICE 15日10時
ブログ内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1
21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセス解析
バーコード
Designed by .
Powered by 忍者ブログ [PR]
.