忍者ブログ
22日。最高気温8度。最低気温-6度。今日アトリエに行く。
アンケート
最新コメント
[11/22 wanko]
[11/22 sumari]
[11/22 sumari ]
[11/21 みどり(京都の町外れの民家で生まれ)]
[11/21 sumari ]
[11/21 みどり出生在京都城外的一个百姓家中]
[11/21 みどり(何ものにも縛られない生き方を見出そうとした)]
[11/21 sumari]
[11/21 wanko]
[11/20 みどり致力于活出一种不被任何事物束缚的人生]
[11/20 caomeidangao]
[11/20 淳子]
[11/20 みどり一休质疑一个一个常识(一休は世の常識を片っ端から疑い)]
[11/18 双龙妈妈]
[11/18 みどり人的价值观也是在迅速改变(人々の価値観が大きく変わりゆく時代)]
総アクセス数
みどりの自己紹介
HN:
みどり
性別:
女性
職業:
書道展を主催等
趣味:
書道
自己紹介:
業務連絡
19日9時10時
21日10時
24日14時
26日9時10時
28日10時
<ペン字>
亮馬橋 言几又 22日10時
建外SOHO shala 土曜午後(不定期)
<琉璃廠>
20日
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
20 23 24 25
26 27 28 29 30
アクセス解析
バーコード
[ 406 ] [ 405 ] [ 404 ] [ 403 ] [ 402 ] [ 401 ] [ 400 ] [ 399 ] [ 398 ] [ 397 ] [ 396 ]
 ダンナが突然このうちに帰ってくる。それはとても困る。なぜならヤツがいると、晩御飯の献立を変えなきゃいけないから。この日のメニューは決まっていた。それは中国人が好きとは言えない味だった。予め帰ってくることがわかっていれば、ヤツが炒めるような野菜を買ってあったのにぃ。
 
 結果、私が予定通りサラダを作り、ほかに二つダンナに炒めてもらうことにした。冷蔵庫に葉っぱ系はキャベツしかなかったんだけど、ヤツは「キャベツの炒め方は知らない」という。ええ?ここらへん不思議よね。白菜は炒めるけど、キャベツは炒めない。レストランにキャベツの炒め物って普通にあるのに。でも小さいころから食べてこなかったし、白菜を炒める要領でキャベツを炒めるという発想にはならないのが頭のカタいダンナだ。
 
 で、豆腐としめじを炒めてくれた。あと冷凍のスライスしてある牛肉と玉ねぎがあったので、中国 式牛丼」を作ってもらった。私は以前クックパッドのレシピで「吉野家風」を作って満足していたが、ダンナが中国の味の牛丼(のようなもの)を作ったら、息子べたぼめ。「パパのほうが美味しい」。めっちゃ腹立つ。
 
 この日は何がアタマ来たって、食べながらダンナが「パパは料理するの早いだろう?5分?10分?これが中華の特長だ。ママ、これどれだけ時間がかかってるの?まず揚げて、それから和えて」。中華は優秀だと絶賛。
 
 あのね!時間が短けりゃいいってもんじゃないんだよ!!!炒めりゃ中華。炒めるだけでできあがり。単純すぎるってんだよ!
 
4ed325e8.jpeg 私の作る料理を進んで口にしないダンナだが(こんにゃろ)、これは結構食べていた。やっぱりね。食べてくれたらうれしいよ。初めて作って大成功。これお勧め。

 葱たっぷりボリュームサラダ
  
 1週間のうち、ダンナと食事するのは1回か2回だから、ガマンしてやる!
(つづく)
 

拍手[9回]

PR
Comment
Name
Title
Font Color
Mail
URL
Comment
Password
早い=中華は北方だけ。
うちの潮州人の姑(潮州と福建はニアイコールなので)に「北京でトマトの卵炒めよく食べた」って言ったら、「あれは怠け者の料理だ」とばっさり切り捨てられました。南方人にとっては仕込から調理まで数時間かかるものこそが料理のようです。なので姑、毎日朝から夕飯の仕込みしてました。毎日がスローフード。彼女からしたら超怠け者の嫁の私ですが、それでもちんたらちんたら料理してます。だって急いで作ると常夏だから暑いんだもん。
wanko@在宅勤務中 2012/02/29(Wed)12:48:02 Edit
ああ・・・食べたい・・・
いつもながらおいしそうな料理ですね。
中国のお酒が合うよなぁ。
お酒といえば、「茅台酒」の値段の異常な高さが新聞に出てたので、ネットで調べてみたら、確かにめちゃくちゃ高い!!
「貴州茅台酒」が2万円以上!!!
もちろん安いのもありますが、これは異常ですよ。「五糧液」というお酒も高くなっている。
記事によると中国セレブの贈答用になっているため値段が右肩上がりになっている、と。
「茅台酒」は留学中に数回飲んだことがあり、度数は高いですが、後口が何とも言えない味わいがありました。おいしかった。
当時も高かったけど、これほどまでに値上がりするとは・・・
当然、日本の中国物産店で売っているのも高くなる。ああ、もう二度と飲めなくなったな。

あ、ごめんなさい。お酒を飲まないみどりさんに愚痴って。

今度、みどりコックと小朋友特級厨師の料理を注文しますね。なんとか手に入る中国酒を準備して。
功夫man 2012/03/01(Thu)00:25:55 Edit
北と南は外国のように違うからね
うちのばあさん、広州にちょっと住んでいたじゃない?そしたらやたら「煲汤」するようになった。でも火を長く使うの、もったいない人だから、そんなに煮込むってほどでもないけど。

私はお酒まったく飲まないし、買ったことないんですけど、茅台酒は高いですね。30年もの16800元を12800元で!なんてサイトあります。↓
http://www.zhizuen99.com/shshop/maotaixilie/2011-03-01/1.html
偽物が多いってのは迷惑な話だ。
みどり铁甲威龙ロボコップ 2012/03/01(Thu)09:48:40 Edit
無題
日中、どちらの料理を作るか、という葛藤、まったく人ごとではありません。私の場合は、北京の味覚に慣れすぎてしまい、実家に帰った時に、親兄弟の舌に合わせられず、困ります。で、やっと慣れたころに北京に戻ると、夫が待っている……。夫が料理を嫌がらないのが、大きな救いです(文句の出そうな料理は、自分で作らせることができるので)。
Linjing 2012/03/01(Thu)21:24:18 Edit
キャベツ料理
そういえば、キャベツ料理って家(北京)でもあまり作らない。精々、トマトと一緒に炒める・山椒で炒める、位かもしれない。
ずっと前に、餃子の具に入れたら、甘い!!と言われて駄目出しされた。
ちなみに、回锅肉なんて作った事無し!
マリズin今日は15度の農村 2012/03/01(Thu)22:15:42 Edit
ほっとする
おはようごさいます。今朝はちょっと雪もちらついてますね。

みどりさんのおうちのご飯をいつも楽しく見ています。
なんていうか、お惣菜感たっぷりのおかずが並んでて、ほっとします。

それにしても、料理できる男の人はいいですね~。
うらやましい。
すー 2012/03/02(Fri)09:17:14 Edit
たまねぎも
Linjingさんはちゃんと中国を素直に受け入れ、中国人化している部分がある。私は結婚して初めのうちに義父母との同居があって、まずは何でも拒否だった。坊主憎けりゃ作用で、中国っぽい味が今でも結構ダメです。

マリズさん、中国人は玉ねぎって日本人ほど使わないよね。結婚してすぐは私がよく買いよく使うから、ダンナが「日本人的生命」って言ったことがあった。回锅肉、麻婆豆腐、古老肉。日本人が食べそうな中華、作りませんね。北の人は。

すーさんのご主人自炊できない?もしそーなら中国人と結婚した意味はないよ(おいおい)。私は毎晩ほぼ母子家庭3人でご飯ですが、今まで4皿は作っていた。でもちょっとボリュームを減らす傾向でいます。息子が太ったので。
みどり世界大战宇宙戦争 2012/03/06(Tue)14:51:27 Edit
時間に関して
ご主人さまに作っていただいて本当によかったですね!家庭料理いいですね。確かに蒸し物系や炒め物はうちも主人の方が手際がよいと感じます。。が、(野菜を水につける時間が短い、お皿類を片付けながら作らない。なので、台所が普段より汚れ、お掃除が少し手間です。笑)日本風の味付けが好きじゃないのは(薄味)同じです。速さを求めるのは香港も同じです。香港は銀行でも超スピーティ、業務の電話対応も(自分が名乗らずすぐに担当者へつなぐ)が基本。はじめ失礼な態度で驚きましたが、各都市のやり方があるので、変えたら喜ばれました。日本的な上品な感覚、マナーが喜ばれるエリアは欧米圏かと。暮らし方もせかせかしないで、もっとゆったりしてちょうどよい位です。競争が激しい国や都市の人は目つきが鋭く、生活の為、一部をのそいて、皆さんせかせかしていますよね~。北京はまだそれほどせかせかしてなくていいです。!
2012/10/09(Tue)15:33:48 Edit
もうどっちがいいじゃなくて
「郷に入れば」のとおり、その土地に合わせていくことと、「アタシは日本人。絶対譲れない。変われない」ってことがある。結局は「自分が心地よいこと」。

あ、うちのダンナ、料理しながらどんどん洗い物をする。ご飯全部できたら、中華鍋まで洗い終えてますよ。そこらへんはすばらしい。
みどり没有时间絮絮叨叨了(ぐだぐだ言ってるヒマはない) 2012/10/10(Wed)10:19:38 Edit

Copyright © みどりの果敢な北京生活(忍者版) All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog 
忍者ブログ [PR]