忍者ブログ
入院系列3:病人の智慧in北京

 

 病室は二人部屋だった。トイレ、シャワーがついてる部屋で、そこにはゴミ箱があったが、病室にはなかった。
 棚が一つあって、そこに二人分のモノを置いていた。引き出し
3つのうち、1つをちょっと開けて、未使用の歯ブラシを刺して、レジ袋を下げて、ゴミ袋としていた。どうよ、このダンナの智慧。


拍手[8回]

PR
【2013/07/04 03:23 】 | ダンナ、アート、アトリエ | 有り難いご意見(1)
<<日本語:少しとちょっとの違い | ホーム | 入院系列2:病人になっても態度がLのダンナin北京>>
有り難いご意見
おっ!
さすが芸術家!←?
入院中は、きっと暇だから色々な発想が生まれますね!次の作品も期待大!!
【2013/07/04 10:40】| | 今日はお仕事ヒロコ #58281bab60 [ 編集 ]
次の作品はないよ
病人だから心理的に辛いと思うけど、いつもより更に怒りっぽくなっちゃってさあ。あまりしゃべらなかった。
【2013/07/05 08:54】


貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]