忍者ブログ

みどりの果敢な北京生活(忍者版)

24日。最高気温26度、最低気温18度、空気質量66。

中秋節、山海美術館in北京宋荘画家村


私には妹妹がたくさんいるけど、中でも特に親しい(とこちらは思っているがあちらは?)妹妹から本をいただいた。『ビブリア古書堂の事件手帖』5巻まで。北京日本文化センターの図書室へ行ったとき、娘が「ママがもらった本の中国語がある」と言い、借りた。娘が先に読んで「これ面白い」と言う。息子が読んで「ママこれ買って」。図書室には1巻しかない。息子が漫画以外の本を買おうなんて、溢れる涙を……。で、アマゾンで買った。息子絶賛。「東野圭吾は面白いけど、怖い」。『ビブリア……』は安心して読めるらしい。私も4巻まで日本語で読んだ。好きなのになかなか告白できないとか、そういうのが、実は私は大好きだ(この本の面白さは決してそこじゃないけど)。そして私は冷静に思う。小説家ってすごい。だって自分で話を編み出すんでしょ?私なんて事実しか書けないわ。



さてその妹妹が「みどりさんのブログで月餅の句を読まないと中秋節を越せません」みたいなことを言うので、無理やり筆で書いたわよ。





うちのダンナ、地位から言って月餅をあまたもらう。でも今年は数日前まで一箱もなかった。そこでじいさんが自腹で3個買った。昨日の朝、娘が「ええ?おじいちゃん買ったの?パパはもらうの断っているんだよ」と告げ口する。じいさん「有病」(ビョーキだ)と怒る。ばあさんも「まったく」とブツブツ言う。それで私は筆をしたため、「月餅を断るダンナ怒る父母」となった。




おととい、アトリエにいたらダンナが午後「出かける。3時から開幕式だ」。私はその展覧会情報をダンナの微信で知っていた。いつもなら聞き流すが、「開幕式に行ってみたい」と申し出た。そして3時にダンナの秘書みたいな若い男が迎えに来てくれて、初めて行く美術館へ行った。



(
地図クリックして拡大可)



作品もクリックして拡大可)





この展覧会20日まで。郊外だし、この記事見て、わざわざ行く人いないだろうけど。あ、ダンナね。今必死に絵を描いて、出来たものから額に入れている。9月末から個展なんだって。間に合うのかい!間に合うかわからないから、画廊もまだ情報を流していない。直前にここで告知するわ。市内だし。



おまけ:美術館の前に停めてあった車。女性が足を投げ出していて、びっくりしましたワン。



拍手[4回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

パチパチ!

これで月餅の季節が越せました!
我が家も今年は月餅1箱でした。夫はもらっても会社の人にあげちゃうみたいなのですが、それでも年々減っているみたいです。伝統行事だから、一口も食べないというのはさびしい感じがするけど、以前の規模に戻るのは嫌です。

月餅美味しくなったよね

妹妹が「月餅の句書いてくれないと」って言わなかったら、この記事はなかった。もう中国の行事、私にとってはどーでもいい。中秋節はアトリエにいなかったし。我ら母子家庭、夜三里屯でスペイン料理食べましたよ。月餅は先日行った美術館が特注したという美味しいのをもらってきました。昔は本当に食べられなかった。でかくてまずくて。今は小さくてずいぶん技術が向上したと思う。豪華禁止令で流通がかなり減ったんだよね。

アンケート

最新コメント

[06/23 みどり(それの持つ利益追求一辺倒な性格)]
[06/23 淳子]
[06/23 みどり从而忽略了它唯利是図的本性和给社会带来的负面效应]
[06/23 みどり (今や誰もが資本家を英雄のように崇拝するくらいで)]
[06/23 みどり使得现在全民崇拜资本英雄]
[06/23 みどり(資本のもたらした変化や利益を強調し過ぎた結果)]
[06/23 みどり过多地强调资本带来的变化和利益]
[06/23 マリズ]
[06/23 東北太太]
[06/23 sumari ]
[06/23 淳子]
[06/22 こっそり]
[06/21 淳子]
[06/21 sumari ]
[06/21 sumari ]

総アクセス数

みどりの自己紹介

HN:
みどり
性別:
女性
職業:
書道展を主催等
趣味:
書道
自己紹介:
業務連絡

21日10時
22日 北海公园阅古楼
25日9時10時
<ペン字>
建外SOHO shala 毎週土曜日14時
亮馬橋BAKE&SPICE 不定期

ブログ内検索

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 9
25 26 27 28 29 30

アクセス解析

バーコード