忍者ブログ

みどりの果敢な北京生活(忍者版)

24日。最高気温26度、最低気温18度、空気質量66。

絵本原画

  首都図書館で絵本展をやっている。 三环路华威桥の南東角にあるのだが、外から大きな階段を上がっていくと二階になるが、その二階が展示場になっている。



  こういう道具で描いてますよという展示。


  日本のポプラ社が出資した、北京蒲蒲蘭絵本館という本屋があるのだが、そこと首都図書館が企画した展示なので、つまり日本が関わっているので、ディスプレイが中国だとこうはやらないなと思わせる。


  原画。


  『火城』1938年戦火に見舞われた長沙の話。平和祈念シリーズとして発行された。








  『という鲁迅の散文の絵本も出てるなんて知らなかった。買ってみたい(って、普段鲁迅読まないくせに)。




  『妖怪山という絵本だけ、製作過程が細かく展示されていた。




  日本人の先生にもアドバイスを受けている。






  原创十年·绘本原画展”首都图书馆 1024日まで

北京蒲蒲蘭絵本館 建外SOHO13号楼1362室(1階が入口で、本屋は2階)

拍手[1回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

ポプラ本屋よく行きました〜

懐かしい名前につい。あの頃4歳くらいだった息子と自転車でよくいったものです。中国って子供向けの絵本があまりないって聞いたような覚えあるんですけどそうなんですか?アメリカや日本のポピュラーな絵本とか訳されてないのか知りたいです。

私も子どもが小さいときよく行ったし、買ってた

あの頃は本当に絵本がなかった。今は増えたよ。この普及はポプラ社のおかげだと私は思っている。日本の絵本は結構中国語訳されて、ちゃんと北京の本屋で売っている。欧米というか、欧州のは見たことあるけど、美国は知らないな。あるんだろうなあ。

アンケート

最新コメント

[06/23 みどり(それの持つ利益追求一辺倒な性格)]
[06/23 淳子]
[06/23 みどり从而忽略了它唯利是図的本性和给社会带来的负面效应]
[06/23 みどり (今や誰もが資本家を英雄のように崇拝するくらいで)]
[06/23 みどり使得现在全民崇拜资本英雄]
[06/23 みどり(資本のもたらした変化や利益を強調し過ぎた結果)]
[06/23 みどり过多地强调资本带来的变化和利益]
[06/23 マリズ]
[06/23 東北太太]
[06/23 sumari ]
[06/23 淳子]
[06/22 こっそり]
[06/21 淳子]
[06/21 sumari ]
[06/21 sumari ]

総アクセス数

みどりの自己紹介

HN:
みどり
性別:
女性
職業:
書道展を主催等
趣味:
書道
自己紹介:
業務連絡

21日10時
22日 北海公园阅古楼
25日9時10時
<ペン字>
建外SOHO shala 毎週土曜日14時
亮馬橋BAKE&SPICE 不定期

ブログ内検索

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 9
25 26 27 28 29 30

アクセス解析

バーコード