忍者ブログ
22日。最高気温8度。最低気温-6度。今日アトリエに行く。
アンケート
最新コメント
[11/22 wanko]
[11/22 sumari]
[11/22 sumari ]
[11/21 みどり(京都の町外れの民家で生まれ)]
[11/21 sumari ]
[11/21 みどり出生在京都城外的一个百姓家中]
[11/21 みどり(何ものにも縛られない生き方を見出そうとした)]
[11/21 sumari]
[11/21 wanko]
[11/20 みどり致力于活出一种不被任何事物束缚的人生]
[11/20 caomeidangao]
[11/20 淳子]
[11/20 みどり一休质疑一个一个常识(一休は世の常識を片っ端から疑い)]
[11/18 双龙妈妈]
[11/18 みどり人的价值观也是在迅速改变(人々の価値観が大きく変わりゆく時代)]
総アクセス数
みどりの自己紹介
HN:
みどり
性別:
女性
職業:
書道展を主催等
趣味:
書道
自己紹介:
業務連絡
19日9時10時
21日10時
24日14時
26日9時10時
28日10時
<ペン字>
亮馬橋 言几又 22日10時
建外SOHO shala 土曜午後(不定期)
<琉璃廠>
20日
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
20 23 24 25
26 27 28 29 30
アクセス解析
バーコード
[ 1392 ] [ 1391 ] [ 1390 ] [ 1389 ] [ 1388 ] [ 1387 ] [ 1386 ] [ 1385 ] [ 1384 ] [ 1383 ] [ 1382 ]

 ギャラリーからの案内。


故事 丁未堂 佳子 版画作品展
会期:2014/12/620  10:0018:00 会期中無休
会場Town Art Museum(TAM) 建外SOHO15号楼1501室 入場無料


北京在住の版画家、丁未堂佳子さんの作品展を開催いたします。中国と日本の民間伝承(むかしばなし)をテーマに12点の作品を制作いただきました。老鼠嫁女(鼠の嫁入り)、西遊記、水滸伝、九尾狐など…日本でもなじみの深い物語を取り上げました。


12/13-14  クリスマスアートマーケット10:0018:00:丁未堂さんの版画作品やグッズをはじめ、丁未堂さん&TAMがセレクトしたアートなアイテムを販売します。

12/20  丁未堂版画展 トークイベント14:0016:00 中国版画を中心に、玩具、切り絵、紙すきなど、丁未堂さんがフィールドワークで出会ったさまざまな中国の民間芸術を紹介します。要予約:townartmuseum@hotmail.com


 ここからみどり。
  消しゴム版画で有名な丁未堂さんだが、今回の展示はすべて大きな木版画。テーは昔話。それぞれの詳しい内容は会場で丁未堂さん本人かギャラリーの日本人が説明してくれるから、聞いてみると理解が深まって宜しい。


  私、絵を見るのは好きだけど、はっきり好き嫌いがある。この展覧会は心からお薦めしたい。せっかく中国にいるんだから、その物語もわかっているといいかと思う。


・舌切り雀


猴子吃桃(西游记)
……孫悟空が蟠桃園の管理を任され、不老長寿と言われる桃を勝手に食べてしまい、最後は五行山に封印された。(wikiより)




太公望……周の文王、その子武王に仕えて殷を滅ぼした賢臣・呂尚(太公望)が文王に見出されたのが渭水の岸辺で釣りをしているところだったことから、釣り人のことをそう呼ぶようになった(naverまとめ
より)




・女娲造人……盤古が天地を開闢し、さまざまな生き物が出現したが、人間はまだ誕生していなかった。女媧という、人間の体、竜の尾の女神がいた。川床の柔らかな黄色い泥で、自分の姿に似せて泥人形を造り、竜の尾の代わりに両足をつけ、力強く息を吹きかけると、人形たちは命を持つようになった。(媛媛講故事より)

老鼠嫁女

分福茶釜

拍手[4回]

PR
Comment
Name
Title
Font Color
Mail
URL
Comment
Password
行けないので
ここで見れてよかったです♪ 
最後のたぬきの毛並みがお見事です!
むぅ 2014/12/13(Sat)09:02:21 Edit
もう二回行った
この最後の作品だけ、事故でアクリルが張ってない。写真に撮ってもはっきり写るし、実際実物を鑑賞するときも、何も入っていない方が反射しなくて見やすいのよね。中は紙なので、保護するためなんだろうけど。
みどり请務必告诉我(どうか教えておくれ) 2014/12/15(Mon)10:17:31 Edit

Copyright © みどりの果敢な北京生活(忍者版) All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog 
忍者ブログ [PR]